プロフィール
いもやん
いもやん
カフェ AllRightは、どこか懐かしいような、落ち着くようなゆったりとした空間。

「ロコモコ」がオススメ!

毎週火曜日・毎週金曜日限定販売「マラサダ」もぜひ!

  

【住所】
〒649-6313
和歌山市楠本72-73
  

【TEL】
073-461-5141
  

【営業時間】
7:30am~5:00pm
<モーニング>
7:30am~11:00am
<ランチ>
11:00am~3:00pm
  

【定休日】
毎週日曜日
  
  
グラブ・ミットのことならik_20 
ik_79高スポグラブ工房ik_79
↓ ↓ ↓
  
 title=
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
  
  

【愛踊祭2017】

今年で3回目の挑戦となる、国民的アニメソングカバーコンテスト。
https://idolmatsuri.jp/

『WEB予選(二次審査)』が開始!

※日程 投票期間 6/12(月) ~ 7/2(日) 結果発表 7/7(金)

※ネット投票には、TwitterまたはFacebookのアカウントが必要になります。
※ネット投票は2時間ごと(0時、2時、4時、6時、8時、10時、正午、14時、16時、18時、20時、22時の偶数の時間)に各エリア1票ずつ投票することができます。

SA-Laに投票 https://idolmatsuri.jp/group/sala

Marinaに投票 https://idolmatsuri.jp/group/marina

皆様のご協力よろしくお願いいたします!!

  
  
  
  
毎週火曜日・金曜日
揚げたて Take out 販売!
  
1コ 120円(5コ入り 550円!)
  
【マラサダって何?】
  
ハワイでは定番のおやつとして超有名。
外側はカリッと、内側はふんわりとしている食感が特徴の揚げパンです。
  
元々はポルトガルの伝統家庭菓子で、1800年代ハワイに移民したポルトガル人たちから伝えられました。
それ以来、ハワイのローカルスイーツとして定着しています。
  
マラサダとは、ポルトガル語で「大ざっぱ」を意味します。
おおらかなハワイに受け入れられそうな名前です。
  
当店のマラサダには、中身は入れていません。
生地のふわふわ・もちもち感をお楽しみください。
  
6月 販売予定日ik_20ik_20
  
http://allright.shop/
  
予約受付中ik_20ik_20
  
TEL 073-461-5141(受付時間 午前9時~午後3時まで)
定休日 日曜日
  

2017年03月25日

ノスタルジック・スポット

春休みも本番!

子どもを持つ人は、「どこに連れて行ってあげたらいいか……」とお悩みかもしれません。

今から海外は日程的に厳しくても、国内ならまだ間に合う場合も多々!

今回は、春休みの予定がまだ決まっていない……とお悩みのあなたに、子どもウケ必至、かつ大人も絶対ハマる! “ニッポン全国、ノスタルジック・スポット”をお教えします!


■湯布院は大人の街のみにあらず! “日本の中のイギリス”でメルヘンが止まらない

高級感のある大人の温泉街……というイメージが強い、大分県の湯布院。じつは子ども連れにもピッタリのスポットが。

それが『湯布院フローラルヴィレッジ』。

温泉街の街並みに突如出現する一つの“街”……そこはまさにイギリス!

というのも、コッツウォルズ地方の街並みを再現したアミューズメント施設だからです。

三角屋根のかわいい建物がひしめく異国情緒たっぷりの景観に、ノスタルジーを感じること間違いなし!

施設内には、温泉有り宿泊施設有り……と大人も楽しめる一方、フクロウや猫などたくさんの動物とのふれあうことができるので、子どもが喜ぶこと請け合いです。

加えて『ハリー・ポッター』『不思議の国のアリス』『魔女の宅急便』など、子どもが大好きな世界を味わうことができるお店やエリアもあって、作品のファンなら大人もどっぷりその世界に浸れます!

お子さんが男の子でも女の子でも楽しむことができる施設です。


■さすが、“みかんの町”! 誰もが憧れた「蛇口からジュース」が本当にあった

水道の蛇口からジュースが出てきたらいいのになぁ! ……これって、子どもの頃に誰もが空想した夢ではないでしょうか。

きっとあなたのお子さんも同じなはず!

そんな夢が、本当に叶う場所があるのです。

それが、みかんで有名な愛媛県。

松山空港に降り立つと、早々に出迎えてくれるのはシャンパンタワーならぬ、『みかんジュースタワー』。

しかし、これはあくまでオブジェ。

だけど、いざ街中に繰り出すとあるのです、“蛇口からジュース”が!

数あるうちの一つが、『えひめ愛顔の観光物産館』の中。

なんとたったの100円で“夢の体験”ができるのです!

レジでお金を払いコップを受け取ると、いざ蛇口へ……。

本当にみかん色の液体が蛇口から流れ出てくる様は、子どもと一緒に大人も歓喜の声を上げること間違いなしです。


■これぞノスタルジーの極み! 毎回満席御礼!?  大人気「軍艦島ツアー」

最後に“これぞ究極のノスタルジー”と言ってもいい場所を。

なんとそこは、“廃墟の島”。

長崎県にある『軍艦島』をご存知でしょうか?

その昔、良質な石炭が採掘された孤島・端島(通称:軍艦島)に、鉱場だけではなく住居や生活に必要な様々な施設を作り、一つの街にしてしまった、という所。

しかし大いに栄えた街も、エネルギーが石油に移っていくにあたり衰退。

人々は島を去り、やがて無人島に……という歴史を持つ島なのです。

そんな軍艦島を巡るのが、現代の大人気観光ツアーに。

オフシーズンでも、あっという間に予約が埋まるほどです。

船に揺られること、約30分。

だんだん近づいてくる軍艦島の姿は、まさに海に浮かぶ無人の街。

とても不思議な感覚に陥ります。

上陸すると、ガイドさん達が街を案内してくれるのですが、当時の住民たちの生活を思い浮かべながら朽ち果てた廃墟を眺めるのは、なかなかない経験。

天候等よっては上陸できなかったり出航が中止なることもありますし、船はかなり揺れることもあります。

そのあたり了承と注意が必要ではありますが、きっと子どもにとってこの経験は財産になるはず!


以上、春休みにおススメ“ノスタルジック・スポット”3選でしたが、いかがでしょうか?

春休みを逃しても、あっという間にゴールデンウィークがやってきます。

本格的な行楽シーズン到来を前に、ご検討あれ!


BizLadyより


軍艦島は、1度行ってみたいと思ってますね。

そこに、人々の生活があった。

直にそれを見てみたいものです。




Posted by いもやん at 09:39│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。