プロフィール
いもやん
いもやん
カフェ AllRightは、どこか懐かしいような、落ち着くようなゆったりとした空間。

「ロコモコ」がオススメ!

毎週火曜日・毎週金曜日限定販売「マラサダ」もぜひ!

  

【住所】
〒649-6313
和歌山市楠本72-73
  

【TEL】
073-461-5141
  

【営業時間】
7:30am~5:00pm
<モーニング>
7:30am~11:00am
<ランチ>
11:00am~3:00pm
  

【定休日】
毎週日曜日
  
  
グラブ・ミットのことならik_20 
ik_79高スポグラブ工房ik_79
↓ ↓ ↓
  
 title=
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
  
  
  
http://allright.shop/season/
  
  
  
  
毎週火曜日・金曜日
揚げたて Take out 販売!
  
1コ 120円(5コ入り 550円!)
  
【マラサダって何?】
  
ハワイでは定番のおやつとして超有名。
外側はカリッと、内側はふんわりとしている食感が特徴の揚げパンです。
  
元々はポルトガルの伝統家庭菓子で、1800年代ハワイに移民したポルトガル人たちから伝えられました。
それ以来、ハワイのローカルスイーツとして定着しています。
  
マラサダとは、ポルトガル語で「大ざっぱ」を意味します。
おおらかなハワイに受け入れられそうな名前です。
  
当店のマラサダには、中身は入れていません。
生地のふわふわ・もちもち感をお楽しみください。
  
5月 販売予定日ik_20ik_20
  
http://allright.shop/
  
予約受付中ik_20ik_20
  
TEL 073-461-5141(受付時間 午前9時~午後3時まで)
定休日 日曜日
  

2017年05月17日

アメ車が日本では売れない理由

キャデラックといえば、アメリカの自動車メーカー・ゼネラルモーターズが展開する高級車ブランド。

日本ではいつかはクラウンですが、アメリカではいつかはキャデラックみたいな感じなんでしょう。

とはいえ、多くの日本人のアメ車のイメージといえば、燃費極悪、故障しまくりでしょう。

だから日本では売れないんだと。

ところが、イマドキのアメ車は違うんです!


◆燃費や故障を理由に日本ではアメ車が売れない説は日本人の誤解でした

「アメリカ人は毎年何百万台も日本車を買っているのに、日本人がほとんどアメリカ車を買わないのは不公平だ!」

今年2月のトランプ大統領の発言です。

なんとも古典的というか紋切り型と言うか、ダサすぎますね!

こういう時、日本人の頭に浮かぶのは、いかにもガソリンを食いそうなバカデカいアメ車です。

そして上から目線でこう嘯きます。

「んなこと言うなら、燃費が良くて故障しないクルマ作って見ろや!」

ところが実はこれも、トランプ発言並みに古典的かつ紋切り型でダサすぎる反応なのです。

今のアメ車は昔とはぜんぜん違う! 故障もしないし性能も燃費もイイ! ただ日本人が知らないだけ! こう言うと「ウソつけ!」とおっしゃることでしょう。

そこで今回は、それを証明して差し上げましょう。

それもアメリカを象徴する高級車キャデラックで!


キャデラックと言えば、アメリカ大統領専用車である「ビースト」もキャデラック。

まあ中身は別物で、地雷を踏んでも大丈夫な車重8トンの装甲車だけど、見た目はキャデラックなので「キャデラック・ワン」とも呼ばれています。

さて、まずはキャデラックのなかで最も高性能な一台「CTS-V スペックB」に乗ってみました。

ワルっぽくてカッコよくてモテそう!

エンジンはV8 6200ccスーパーチャージャー!

最高出力はなんと649馬力!

日本の誇るスーパーセダン・レクサスGS FのV8 5000cc 477馬力をはるかに上回る超高性能!

値段も1475万円対1111万円でキャデラックの勝ち!

コイツでフル加速かましたらマジでヤバかった。

まさに空母のカタパルトから射出されるが如きウルトラ加速!

最新のフェラーリにも迫ってるぜ!

しかも乗り心地がメッチャいい!

ぜんぜんフワフワしてないし、スポーティでしなやかでスバラシイ! 

ドイツ車にも負けてない!

さすが無敵艦隊を持つ超大国!

日本車なんざ木っ端微塵だ!

燃費はリッター5kmでした。

「ほら見ろ! 燃費が悪いじゃないか!」

そうおっしゃるかもしれませんが、レクサスGS Fだってそんなもんしか走りません。

こんだけパワーがあったら、燃費はまあそんぐらいです。

決して悪くありませんヨ!

「いやあ、いま大事なのはパワーより燃費だ! 燃費のいいキャデラックなんざないだろう?」

ところがあるんですね、これが。

続いてテストしたのはキャデラックのボトムを担う「ATS」。

見た目は「CTS」をちょい小さくした感じ。

知的で決して悪くない。

昔の恐竜みたいなキャデラックを想像していたアナタはダサすぎます。

エンジンは2リッターターボなので、クラウンみたいなもんですね。

ただしパワーは272馬力。

クラウンの2リッターターボは235馬力。

またも日本車を圧倒だ。

さすが北朝鮮を木っ端微塵にする超大国。

コイツで都内から千葉県の富津岬までドライブして出た燃費は……。

リッター11.7km!

うーん、もうちょい伸びると思ったんだけどなあ。

乗り味も微妙に安っぽいし、インテリアの質感もイマイチだし、室内も広くないし、全体的にはイマイチな感じ。

でもまあ燃費に関しては、クラウンでも頑張ってリッター13kmとかそんなもんなので、キャデラックのほうがパワフルなぶん、許容範囲と言えるでしょう。

とにかくキャデラックは燃費も悪くない!

つまり高性能で低燃費!

今や故障だって滅多にない!

じゃなんで日本では売れないのか!

それは買う理由がないからです!

このクルマ、アメリカのクラウンみたいなもんで、喜ぶのはほぼアメリカ人だけ。

クラウンだって日本専用、喜ぶのは日本人だけなのでおあいこですな、ワッハッハ。


【結論】
キャデラックに限らず、アメ車は基本的に巨大市場のアメリカで売るために作られているので海外ではあまり売れませんが(中国を除く)、故障が多くて性能も燃費も悪いというのは日本人の誤解なので気をつけましょう。


日刊SPA!より


キャデラック!

1度は乗り回してみたいものだ!

アメ車は、やっぱりかっこええわなぁ~




Posted by いもやん at 08:39│Comments(2)
この記事へのコメント
割り込みコメント、失礼します m(_ _;)m

竹原ピストルの ♫ 浅草キッド ♫のリクエストに応えて下さり、改めて 有難うございます。

あれから OLD TIME さんへ ダッシュかましましてん w

竹原さんにお会いする事が出来まして、
Liveを拝見出来なかった事を詫びまくった中でも、快くサインに応じて下さいました。

地元のコミュニティFMで、♫ 浅草キッド ♫ をリクエストして応じてくれた事を お伝え致しました
(なぜか、ビックリ!的な表情をされてましたね〜???)

… が、いかんせん “”バナナFM“”さんの名前を お伝えせず… m(_ _;)m

おかげ様で、竹原さんに伝える事が出来、改めて感謝しております。
Posted by カライヤ・カリ〜 at 2017年05月17日 23:07
カライヤ・カリ〜 様

ありがとうございます!

竹原ピストルさんのライブは、僕も過去2回行ったことがあります。

野狐禅時代も1度あります。

魂がこもったいい歌が多いですよね。

またリクエストお待ちしております!
Posted by いもやんいもやん at 2017年05月22日 21:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。